プログラム開発事例 ~IoTデバイスの監視システム~

 IoTデバイスによってリアルタイムによって集計されている温度・圧力・振動などの計測データを、ネットワークを経由して特定のPCに送信し、そのPC内で収集されたデータをグラフ等で可視化するソフトウェアの製作を行っています。

 

 さらに計測データが異常と判断される場合は、データが送信されたPCのソフトウェアで異常音を鳴らしたり、関係者にメールを送信する機能を持たせ、IoTデバイスが計測した異常をユーザーに即座に知らせることが出来ます。

 ネットワークを介在してやり取りされる情報は、ソケット通信により直接TCP/IPプログラムを書く方法や、ファイルサーバーを介してテキストファイルを読み書きする方法などがあります。

デバイスと監視ソフトウェアのネットワーク

- pic.1 -



 開発時には、実際に稼働しているIoTデバイスを使うことが困難である場合があります。そのような場合は、IoTを模擬したプログラムを弊社で作成して、実際のIoTデバイスから送信される情報と同じ形式のデータを模擬プログラムから送信することで、開発を進めていきます。

デバイスと監視ソフトウェアのネットワーク

- pic.2 -